公益財団法人合気会 公認道場  鍬 守 道 場

昭和30年は合気道が一般に公開された年です。
その年、鍬守道場は開設しました。東京で最初の(財)合気会支部道場です。
教育者だった道場創立者・尊邦師範の、特に青年期の人間形成に、また生涯武道に最適であるという意図によるものです。

草創期故に、当時の大学合気道創部者をはじめ 多くの兵(つわもの)を輩出しました。
各人が広く斯道の普及にも努め、現在も内、外で活躍しております。
しかし今日までの歴史の中で 尊邦創立者、そして文徳道場長を失うという不幸もありました。

幸いにも優秀な指導者に多数恵まれました。
和徳道場長を主軸とし、五・六・七段位の門人で師範、指導部会を充実し各層に 応じた濃やかな稽古指導が続けられております。
現在の道場は昭和47年に全面改築したものです。
新しい環境にあっても和気ある中で互いに練磨し、己を戒め修る人間修行の場とした根泉は変らぬ伝統です。
縁あり入会される方々は「ムリ」せず「イソ」がず「ナマ」けずの稽古を続ける事を願います。
そして 斯道を通じ健康な「心」と「体」を得られ、貴重な活力の「源」として各々人生に活かされる事を祈ります。