稽古方法

稽古法の特色 合気道は一般のスポ-ツと異なり、いたずらに力に頼り他人と相対して無理に相手を倒そうとしたり、 強弱、勝負を争うことではなく、相手と相和して切磋 琢磨をはかり自己の人格完成を目指す武道であります。
合気道の最も大きな特色は、無理をせず素直に合理的な動きが自然に出来るように技をくり返し反復しながら稽古することです。合気道に試合がないことも、自然と一体になった無理をしない動きの本質なら当然と言えましょう。心身鍛練法として最も理想的なものであります。

したがって、学生、壮年者、は申すまでもなく、少年、婦女子、老人達まで非常に広い年齢層、性別 に関係なく愛好者が増えつつあることは、誰にでも出来るということを裏付けています。
最近は特に女性の入門者が増えており、心身の修業や護身術として身に付けたいという理由や、中には美容法、健康法として、各方面に推奨されています。いずれにしろ、合気道を修行していくうちに、自然と姿勢や立ち振舞いが美しくなり、物事にきちっとけじめをつける態度が養われ、全身の柔軟運動や無理のない動きによって、内臓の諸機能が活発に働き、調和のとれた健康美が知らず知らずのうちに得られます。
稽古を通じて養われる機敏性は、日常生活においても自然に生かされ、てきぱきとした動作となり、合気道を修行して身につけた自信は、人間として生きる姿勢にもそれが表わされて来ます。
道場にはさまざまの職場や学校、あるいは海外から多くの人々が集まってくるので、いろいろな人々と話し合うことによって、ものの見方の幅を広げることになり、人間理解には極めて適した場といえましょう。

合気道は自分の心身を的にして実際の覚える以外に道はありません。稽古をはじめたら、根気良く続けることです。うまずたゆまず求めて下さい。これが進歩へつながる修行の大切な一面であります。